渋谷すばるの退社に思う

以前別の記事で、歌には力があり、歌一つで人生を変えられると思っていると書いた事があります。今もそう思って居ます。

ただ、今は、何よりも音楽が憎いです。渋谷すばるを生かし、渋谷すばるから何よりも愛され、関ジャニ∞から、ジャニーズから渋谷すばるを奪っていく音楽が憎いです。

私は、コンサートのいわゆる機嫌の悪い渋谷すばるを知らないくらい新規です。私の中のコンサートのすばるくんはずっとふわふわしてて、歌がすこぶるうまい、私は渋谷すばるに驚くくらい人生を変えられました。元々人と交流するのが得意ではなかったけど、すばるくんを、ジャニーズを好きになってから共通の話題が出来て、友達が出来て、今まで興味を持ってなかったドラマを観るようになって、こんな世界があるんだ!っていうのを知れて、私にとっての人生で、すばるくんに沢山会えるようにすばるくんにいつ会っても恥ずかしくないように、誇れるように転職もして、会社が嫌でもすばるくんの歌を聴いて、つらい時もすばるくんがいるから、って頑張ってきたんですよ。

昔好きだった若手俳優が事務所を辞める時は、私の応援が悪かったのかな?事務所が推してくれないから?色々観に行っとけば良かったって沢山後悔しました。でも今回は、コンサートも出来る限りの回数行って、CDも沢山売りたくて、友達にあげるくらい買って、事務所の対応も、メンバーのコメントも完璧すぎて後悔できないじゃん!しようがない!ああこういう人だからこういう個人を尊重してくれる事務所だから、メンバーだから好きになったんだって常々思いました。

10代の時はずっと滝沢さんがそばにいてくれて、大阪戻ってからはヨコヒナが、年下のメンバー達が、ずっと守って愛してくれて、その自覚があって、命の次に大切なのが横山裕村上信五って言って居たすばるくんが事務所を離れ1人でやって行く決断をしたんですから私だって送るしかないです。後悔を残さ無いように色々な番組には要望メール送ったけど。

すばるくんを好きになったきっかけの音楽を、すばるくんの愛を一身に受けれる音楽を、今は少しだけ恨ませてくださいね。